NINJA BATTY SHOGUN
ニンジャバティ

オレはニンジャバティ。最近悩んでるんだ。なんでみんな、おもちゃに忍者コスチュームを着せたりするんだ? 忍者はかっこいいから? 流行っているから? でも、そんなの許せない! オレこそ本物の忍者さ!
だから、こだわりのコスチュームで親友のアイスバットと夜の街を飛び回っているんだ。ごてごての装飾品や赤くて派手なのはダメ。やっぱり、漆黒のスティールモードが一番だ! これこそオレ、ニンジャバティのスタイルさ! …ただ、刀だけは持たないんだ、危ないからね。

JEERO
ジーロ

ねえ、あそぼうよ! なんでかって? だって僕には君が必要だから。僕は悩みが多いから、君がいてくれると落ち着くんだよ。
そうそう! ウエイジとバーボがいろんなこと聞いてくるんだけど、どうして僕が答えられると思うのかなあ。この赤いお鼻がとってもかしこく見えるからかなあ…そんなことないんだけどなあ…。僕に「いまなんじ?」とか「どうやってあそこにいくんだ」とか急に聞くのはやめてよ。僕にはむずかしすぎるよ。
僕のしたいことは、君とのんびりソファに座ること。そんなにわがままかなあ? 僕はね、難しいことはわからない。でもね、君が予定をキャンセルしてアグリドールのみんなとあそんでくれるってことだけは、わかってるんだよ!

Scroll to Top
TM and ©2015, Pretty Ugly, LLC. All Rights Reserved.
David Horvath and Sun-Min Kim. All Rights Reserved.